2007年02月17日

憑いてこれる奴だけ憑いて来い!

   新・豪血寺一族 −煩悩開放− TM

     「レッツゴー!陰陽師」

                     矢部野彦麿&琴姫 With 坊主ダンサーズ




                                      *怨霊に 音量に注意





あらゆる困難が科学で解決する、この平成の時代

人々の閉ざされた心の闇に蔓延る、魑魅魍魎が存在していた

科学の力ではどうしようも出来ない、その奇っ怪な輩に立ち向かう

神妙不可思議にて胡散臭い男がひとり

その名は矢部野彦麿、そう人は彼を陰陽師と呼ぶ


 

悪霊退散!悪霊退散!

怨霊、ものの怪、困った時は・・・

 
ドーマン!セーマン! ドーマン!セーマン!

直ぐに呼びましょ陰陽師 レッツゴー!


 

Yeah!

イエイ!

いえい!

遺影!




死してなほ この世に未練

残せしは 魑魅魍魎と

成り果てぬ その悪しき血を

清めるが 陰陽の道


 

人の世に 生まれし悪を

闇にへと 葬れよ



ぶるぅぅぅああああああああああああああああ


悪霊退散!悪霊退散!

妖怪、あやかし、困った時は・・・ 


ドーマン!セーマン! ドーマン!セーマン!

助けてもらおう陰陽師 レッツゴー!

 

Yeah!

イエイ!

いえい!

遺影!




生きながら 恨み憎しみ

募りしは 悪鬼悪霊

呼び覚ます その激昂を

宥めるも 陰陽の道

 


愛しさの 行き着く果てに

病む魂(こころ) 慰めよ



ぶるぅぅぅああああああああああああああああ


悪霊退散!悪霊退散!

怨念、怨恨、困った時は・・・


ドーマン!セーマン!ドーマン!セーマン!

静めてもらおう陰陽師 レッツゴー!


 

ううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううう



辛い時、悲しい時

人はそんな時心の隙間に闇が出来る

その心の闇に魔物達は容赦なく入り込んでくるのだ

だから、苦しくても

くじけるな! 落ち込むな! くよくよするな!

何事にも屈しない強靭な心こそが

最強の武器なのだから


 

寂しさで ゆらめくこころを

狙うもの 打ち砕け



ぶるぅぅぅああああああああああああああああ


悪霊退散!悪霊退散!

超常現象、困った時は・・・


ドーマン!セーマン!ドーマン!セーマン!

祓ってもらおう陰陽師 レッツゴー!

 

悪霊退散!悪霊退散!

呪い呪われ、困った時は


ドーマン!セーマン!ドーマン!セーマン!

相談しましょう陰陽師 レッツゴー!

 
やっぱり頼れる陰陽師 レッツゴー!


みんなのヒーロー ☆ 陰 ☆ 陽 ☆ 師 ☆

 

Yeah!

イエイ!

いえい!

遺影!


Yeah!

イエイ!

いえい!

遺影!


ゐゑゐ!

Yeah!




成仏しろよ!





・・・・・・・・・・・・・・・・



今夜はよく眠れそうだ。
posted by のびた at 01:36| 大阪 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 伝説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月26日

ノビノビ伝説3

前回から〜
‘交差点の立ち上がりでウイリーしたまま走っていける’BRDチャンバーを装着して、
意気揚揚と兄貴ZRXと河川敷へ走りに出かけた私。
そこで事件が!!!


      <河川敷事件編>
場所は淀川河川敷・・・。
さえぎるものなど何も無くひたすら全開走行です。
すでに兄貴は視界の彼方へ行ってしまい、一人寂しく単独走行です。
ここでわかった事は「ウイリーなんて出来やしねぇ!」って事でしょうか。。。
単に私のテクが足りなかっただけなんですが、少なくともアクセル開けるだけで
ウイリーするという話しはデマだったようです。騙された!
のちに兄貴にクレームつけるとNS-1は重いからな〜だと!非を認めやしねぇ!
(今考えるとそれも一理有りかな?)

話し戻って快調に飛ばしてると急にEgが回らなくなり、やがてストップ・・・。
ナンダナンダ?とバイクを見ますが外からでは何もわかりません・・・。
そしてキックを下ろすと・・・・
     スカ〜〜〜
この当時の私にはこれが何を意味するのかわかりませんでした。
とりあえず端に寄せて泣きそうになりながら慌てふためいていると、
兄貴がどうしたん?と到着。
そして原因はすぐ解明。焼きつきやな・・・。
「もうEgはかからんわ。押して帰るしかないな・・・。と、その前に・・・。」

そこで兄貴が驚愕の行動に出た!

「写真とって帰ろか。」
もともとこの日はBRD記念という事で写真を撮ろうと言ってたものの何もこんな時に・・・。
結局、かなりブルーなのびたとEg死亡なNS-1君を撮って帰宅。鬼だ!悪魔だ!
(残念ながらその写真はお見せする事は出来ません。。。見たら不幸になりますよ?
 笑顔を取り繕ってるものの目が笑ってないですから・・・)



その後兄貴のうちまで数キロの道のりをバリ伝の秀吉ばりに押して歩いて帰ったとさ。


VFSH0061.JPG
えんぴつ立て




       −続−
posted by のびた at 11:57| 大阪 ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | 伝説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月15日

ノビノビ伝説2

前回から〜
過去のバイク恐怖体験を克服し、ついに手にした初めてのバイク NS-1。
今宵、そのNS-1での伝説が放たれる!!!


      <NS-1時代編>
NS-1.jpg
初めて乗るミッションバイク・・・。やはりエンストから!ですね。

単車受け取った後、近所を徘徊します。正直メッチャ怖かったです。
自転車では高校時代、枚方自宅〜茨木の学校迄を毎日通学してただけあって、
枚方最速!とかアホな事いってましたが、単車は次元が違います。
チャリでの最高記録は平地40`、下りや追い風などで45`位だした事あったんですが、
単車は30`くらいでもうビビリ入って無理! なぜか買って後悔した事もあったなぁ・・・。

やはりチキンだ・・・。


さて、単車にも慣れてきた頃
主な仕様用途はバイト先までの移動や連れの家に遊びに行くくらいで、
峠やサーキットなどまったく興味がなかった。
それでも単車自体には興味があったのか?(兄貴にやらされたのか??)
単車の整備はしょっちゅうしてました。キャブばらしたりブレーキのOHしたり。
まあほとんど兄貴にやってもらってましたが。(私は掃除ばっかりしてた様な気がする・・・)

ある時、タイヤが無いので寝屋川のドラスタへ兄貴と買いに行った時・・・
もちろんタイヤなどこの頃の私には全然わかりません。
兄貴任せでいろいろ物色してると、
「TT900無いなぁ〜、俺はダンロップ派なんだが・・・」と、兄さん。
(今思うと・・・何故にハイグリップ?用途は街乗りですよ??)
で結局、BSのBT39を取り寄せするか、その場にあるBT39SSかでジャッジ!
私は違いがわからなかったので兄貴に相談すると、
「ハイグリップの方がグリップするから街中でも安全やで!」と言われ(た様な気がする)
結局BT39SSを購入したこともあったなぁ。(ソッコー無くなったけど・・・orz)

そういえばこの頃から兄貴は単車には厳しかった。
整備不良を嫌い、汚い単車を嫌い、乗るにふさわしくない軽装を嫌い・・・etc(書ききれん)
単車に乗る理はこの頃身につきました。


そして・・・
やはり乗り慣れてくると足りなくなってきます。パワーが・・・。
んでチャンバーを入れる事に・・・。狙いはBRDのカートチャンバー!
「これ入れたら交差点の立ち上がりでウイリーしたまま走って行けんで!」と兄貴に言われ、
すっかりその言葉を信じた私はRWにて早速注文、装着。
これでウイリーし放題!と喜んで淀川河川敷へ兄貴ZRXと走りに行きます。


そこで事件が・・・・!!!


          −続−
posted by のびた at 23:57| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 伝説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月07日

ノビノビ伝説1

それではこのブログの本題へ入ろうか。
・・・・・伝説は始まった!!!


・・・と、かっこいいこと言ってますが、たいした事じゃないので!
これからちょこちょこと昔の思ひ出にふれてみようかと思います。
ブログ名の由来にもなった数々の伝説(アホな事)を!

     <出会い編>
始まりは遥か昔の少年時代にまでさかのぼります・・・。

兄貴に単車の後ろ乗せられウイリーされた!

死ぬほど怖かった記憶があります。
その他にも兄貴に単車での恐怖体験を色々植え付けられ、単車には絶対乗らないと誓う。

その後、中学、高校と車に夢中になる。大人なったらスポーツカー買うぜ!

だが高3の時に転機が・・・。
何気に古本屋である本を立ち読みしてしまった。
その本とは・・・バリ伝!
だいぶ昔に流行ったバリバリ伝説という本である。グンがかっこよかった!

単車もいいかな〜とか思ってる時に近くの教習所でフェスタが開かれていて、
単車に触れる機会が・・・。(ちなみに兄貴の単車には興味が無かった。鬼バイクだから)
ヨシ、俺も乗ろう!と決心。まずは原付からやね。

さて単車選びですが、ここは詳しい兄貴に相談します。(これが間違いだったか?)
2stミッションがいいでと言われ、候補はNS-1、TZR50、ウルフとかも考えたなぁ。
そして兄貴の知りあいから安くNS-1を譲ってもらい、いざバイクライフの始まりです!


        −続−


    


posted by のびた at 10:51| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 伝説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。